Ignorance is a bliss

知らぬが仏

楽天モバイルへMNP「HUAWEI Mate 9」購入

f:id:araki77:20170107092831j:plain

2017年1月、Y!モバイルとの2年間に渡る契約満了を経て更新月を迎えました。

そこで以前より狙っていた
期間限定【楽天バイル】HUAWEI Mate 9 発売記念キャンペーン
楽天バイルにセルフMNPしてみました。

 

個人的背景

  • Nexus 6 を Y!モバイル回線で 2 年間使用済み
  • Android 7 にバージョンアップ済み
  • ハイエンド端末志向
  • 胸ポケットにギリ入る、大画面 6 インチクラスがいい
  • 一眼レフ Nicon D5100 とレンズいくつか持ってるけど、本体もレンズもかさばるし、レンズ変えるの面倒くさいのでそこまで使えてない
  • なので、スマホのカメラ機能が充実しているものに弱い
  • 普段の様々な支払いは楽天カードに集約済み
  • なので、それなりに楽天ポイントが貯まる
  • 電話ほとんどしない(しても用件だけ伝えてすぐ切る)
  • データ通信容量は最低でも1GB欲しい、いままでは節約して1GBに抑えていたのでもっと増やしたい
  • なのでプランはいつも最低のものに入る

 

キャンペーンについて

f:id:araki77:20170103222047p:plain

キャンペーンのポイント

  • 2017/1/13までの期間限定
  • 通話SIM申し込みで端末代金60,800円が1万円ダウンで50,800円
  • Web申し込みに限る
  • 最低利用期間1年
  • 月額基本料初月無料

 

HUAWEI Mate 9 端末スペック

f:id:araki77:20170103222056p:plain

端末スペックのポイント

  • 最新 Android 7.0
  • 大画面 6(5.9) インチ Full HD
  • 大容量 4000mAh バッテリー
  • ライカダブルレンズ
  • 4k 動画撮影
  • SIM1年契約なので2年契約より使い勝手が良い
  • 圧倒的コスパ(ただでさえ6万円というひかえめ価格設定なのにキャンペーンで50,800円)

 

キャンペーンの注意点

  • Web通販限定で店頭販売が使えないため、いろいろ自分でやらないといけません。

 

個人的最小データプラン比較

 Y!モバイ楽天バイ
(最小)データプラン プランS 3.1GBプラン
月のデータ通信量 1.0GB 3.1GB
余ったデータ通信量の繰り越し なし あり
月額支払額 2,480円 (1600円+850円=)2,450円
通話無料枠 あり
他社ケータイ・固定電話へ通話料0円
(1回あたり10分以内・月300回まで)
2017年2月より回数無制限
なし
同じ条件に揃えるために月額850円の
楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天バイル」を付けてます

 

申し込みから開通までの流れ

  • 1/1 Y!モバイルからMNP予約番号を取り、楽天バイルへWeb申し込み
  • 1/3 午前中で指定した通り10時すぎに宅急便(ヤマト)でSIMと端末が届く
  • 1/3 10:30 楽天バイル開通申し込み(この時点ではまだY!モバイル回線のまま)
  • 1/4 楽天バイル開通(このタイミングで楽天バイル回線が利用可能に)

元日に申し込んだけど、なんの問題もありませんでした

1/3 開通申し込み、1/4 開通となっていますが、SIMを指した状態で端末を再起動したら開通したので、もしかしたら開通申し込みのあと当日でもすぐにいけるのかも?

気になる方は、しばらく時間を置いて端末再起動を開通するまで繰り返したら良いかもしれない。

逆に言えば、再起動(キャリアにSIM認識させる?)しなかったら開通しなかったかも?

とは言え、この通り、たしかに自宅に居ながら空白期間なしでMNPできました。

 

端末開封直後レビュー

  • 既に画面フィルムが貼られた状態なので手間が省けます
  • クリアケースが付属してるので手間が省けます
  • 指紋認証便利(いままでついてなかったので...)

これ以上のことについては、それなりに使い込んだ後で改めてレビューできればと思います。

 

移行アプリ

移行したアプリで問題なく済んだ順序での個人的メモです。

日本語入力

play.google.com


もうこれに慣れてしまったので...。
アプリインストールして、ATOKを使うようにAndroidに教え込むだけ。

 

コミュニケーション

play.google.com

説明不要ですね。セキュリティが強化され移行作業はすこしクセがあるものの、手順通りにやれば問題ない。

 

端末連携

play.google.com

 

play.google.com

 

Qrio Smart Lock と wena は、こちらの通り。

araki77.hatenablog.com

 

play.google.com

財布に入れて使ってます。

 

play.google.com

PCとの連携に。


二段階認証

play.google.com

 

play.google.com


端末制御

play.google.com

状況に応じてAndroidを自動的に制御する必須レベルのアプリ。

 

play.google.com

アプリショートカットは昔からずっとこれ。

情報収集

play.google.com

RSS リーダーはいろいろあって、いろいろ渡り歩いたけど、いまはこれ。

 

電子書籍リーダー

play.google.com

本やモノクロはKindle Whitepaper でみるものの、たまにカラーを見るときに使う。

 

映像関連

play.google.com

nasneで録画した番組をスマホで見るアプリ

 

play.google.com

外出先での再生に必要な有料プラグイン

 

play.google.com

プライム・ビデオは普段FireTVがあるため、外出先で見たいときにスマホにダウンロードしてみるときにだけ使う。

 

その他

play.google.com

外出先から自宅の状況を確認するときに使う。

 

play.google.com

オンラインストレージは OneDrive を使ってるので。

 

play.google.com

細かい設定ができるうえに、設定内容の移行が楽なアラーム。

 

まとめ

Y!モバイルのまま機種変更するとしたら、上記個人的条件では端末の選択肢はNexus6Pになり、1年以上前(2015年10月)に発売された端末を52,000円で購入することになる。

それに比べ、2016年12月発売の50,800円(欲しい端末が期間限定でキャンペーンされている)で、データ通信枠も増え繰り越しもできるため、あまり迷うこともなかった。

ちなみに、Mate 9 の楽天バイル以外での端末同時購入な選択肢となると、DMMモバイルがあります。よって、楽天(スーパーポイントなど)にこだわらなければそちらの選択肢もありえます。ただ、2017年正月明け時点、DMM の Mate 9 端末は在庫切れです。

どちらにせよ、みずから格安SIMを検討するよう方は、ネットやスマホなどある程度の基礎知識があるでしょうし、マニュアルも丁寧に記載されているので、問題なく個人でMNP移行できると思います。

むしろ、その後で各種アプリを移行する方が手間なのですが...。
まあ、Android to Android なので、まだマシですね。